公益社団法人 生体制御学会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
会員名簿 動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

活動メニュー>定例講習会紹介

講習会紹介

平成21年度講習会紹介はこちら


講 師 生体制御学会 名誉会長 黒野保三先生
平成23年3月6日

 前回の講習会からわずか1ヶ月です。たった1ヶ月の間に、またもいろいろな問題が出てきており、変化した社会情勢から鍼灸にまつわる環境を説明いただとともに示唆いただきました。
「最近の医療界は非常に残念なことが多いです。特に抗癌剤の使用では、新しいものが出来たら新しいものを使用しようとしますが、それでは今まで使ってきた薬は何だったのでしょうか。このように、不安定要素が強いものが平然と使用されているわけです。また、このような分野で鍼灸診療に対する期待とともに頭から否定される事も多々あるわけです。残念ながら医療界も混乱している状態ですが、鍼灸界も輪をかけて混乱しているわけです。本来、鍼灸が担うのは、今やブームのように取り上げられている美容鍼灸やスポーツ鍼灸ではなく、医療の中の内科が主流にならなければなりません。そして、そのような鍼灸診療を行うには神経生理学に基づいた基礎がなければ成り立ちません。
 また、このことでも明らかになりましたように、医学研究というものは医療の水際に役立つことが大事です。言い換えれば、患者にいかにいい治療を提供できるかということです。私の研究はすべて臨床にあることから研究したものであるため、臨床の現場に戻ってくることが出来るわけです。
 このような研究を行う基には、やはり医療の一員として両足をふまえて患者に向き合うために基礎・臨床を行いますが、鍼灸師は権力をもたない内科医師だという自負があるからです。自負する以上はそれにみあった行動をとらなければなりません。最近になって医師の生涯研修の重要性が説かれ、患者に対する医療の安全安心の確保のために臨床の技量を保つことの再考がおこなわれております。鍼灸でも同様なはずですが、その場所が正しい場所でなければなりません。当学会はサイエンスとしての鍼灸診療を行うための基礎を着実に積み上げ、講習しております。ここから、発せられる情報には必ず根拠があることが認められ、他の鍼灸界でおこるような言葉だけの一人歩きは認められていません。
再度のべますが、鍼灸師は権力がない内科医師です。そこでもう一つの問題があります。ということは死亡診断書が書けないとともに医療機器の使用にも制限があるわけです。そこで、鍼灸をおこなうものの感性の重要性が説かれるわけです。これも今までお話してきましたように、人間の感覚で特に重要な触覚の構造や機能が明らかになってきており、その機能を鍛えることが可能であることも示されています。この感性を磨いているものでないと鍼治療ができないのも一目瞭然であります。」と説かれ、サイエンスとしての鍼灸の価値を高めるための考え方や方向性を示して頂きました。 

講 師 生体機構制御学会 名誉会長 黒野保三先生
平成23年2月6日

 本年初めての生体調整機構制御学会の定例講習会でしたが、前回の講習会からわずかな時間しか経過していませんが、その時代の変化と鍼灸に関与する変化について講義いただきました。
 「この生体調整機構制御学会は全日本鍼灸学会愛知地方会の事業を継承するかたちで40年近く研修会を行い、どの地方会よりも充実していると自負しております。自負しているだけではなく、いろいろなところから評価されてきました。そして、行ってきたことが正しいということが、証明された事実がありますので紹介したいと思います。
 昨年の春から研究してきた内容が論文としてアクセプトされました。個人の論文ではありますが、その流れが生体調整機構制御学会まで広がってきています。日本の鍼灸はレベルが低いとみなされていますが、この論文が本当のサイエンスとして承認されましたので、世界に対して正しい日本の鍼灸を発信できることとなりました。
 研究内容を具体的に示しますと、今まで中国を中心とした鍼治療の方法の多くは、得気を得る強い刺激により研究し、得気があることが鍼治療の本質であるとしています。今回、発表した論文は、得気を得る必要は無く、必要な場所に必要な量の刺激をあたえることによって、自律神経機能に影響をあたえることができるということです。ここでのポイントは、自律神経に影響をあたえることができることを明らかに証明できたのがこの治療法であること、また、この方法を使えば研究的に明らかなプラセボを完成させることができるということです。その意味では、この論文が早くも世界的に注目されています。
 また、日本の医学界でも心電図の研究会という、確かな医学の研究会で、この論文を中心とした鍼治療と自律神経の関係についての講演の依頼があり、講演を行うことができました。こういう場所で行うことは本来異例であるはずです。このように正しいところで行われた研究は確実に評価されるということが実証されたわけです。この学会の価値は鍼灸界はもとより医学界で評価されているということにつきるのではないでしょうか。
 このような価値があがる中で、鍼灸師が鍼灸医師として自覚をきちんともち、正しい場所で正しい勉強をしていかないと、日本の政府がWHOに対面的に答えたように、医師に東洋医学を行わせ、専門職である鍼灸師を無視しようとしていることに、正当に対応できないことになります。
 鍼灸が医療だといえば責任があります。そこには裏切るような行為はできないので、最低限でも知らなければいけないことを知らないということは通用しないので、その知らなければいけないことを知る意味でも正しい場所での勉強が必要になります。これからは言葉だけが先行する業界ではいけないことは明らかであります。」と教えていただきました。
 その後、実際の講演の一部をみせていただき、今後の方向性をあらためて示されました。 

 

講 師 生体機構制御学会 名誉会長 黒野保三先生
平成22年11月7日

 前回の講習会から、僅か1ヶ月の間に国は大変なことになっており、その影響による鍼灸界の状態について説明がありました。
 『学会というのは本来、政治の話が似合わないところですが、世界の中の日本、日本の中の医療、医療の中の鍼灸という観点から、政治は外すに外せないのです。医療の現場がないがしろになりそうな官僚政治の中では、医療行為も経営が主体となり、「医は仁術」ではなくなります。これでは社会のためにならないのは明らかです。
 本日の朝刊に偶然にも禅についての特集がありました。精神哲学の内の一つが禅であります。つまり人間性の確立がなければ、技術や知識があっても本来の医療には成り得ないはずです。ここでもう一度、医療人として鍼灸をおこなっているなら、まず鍼灸医師だという自覚をもたなければなりません。鍼灸医師だという自覚をもてば、本来の医療の原点である「病める人を治す」という、これだけのことに全力を注ぐために、自ら勉強し、知識や技術を身につけようとするはずです。また、新聞等などで医療の水際が危うくなっている現状においては、医療行為の約2割を看護師が実施できる範囲であるというアンケート結果が報道されました。本来なら、患者の身体の状態を見極め、医療行為の穴埋めができるのが鍼灸師であるはずなのです。しかしながら、現状では鍼灸師がその担い手になる気配はなく、その原因も鍼灸師自身の資質が上がっていないことに他なりません。
 東洋医学といわゆる近代医学の最も違う点は、中国医学の医者は患者の身体を診ているのに対してギリシャ医学の医者は患者の身体を診ていないことです。このことからも、患者にとってより良い医療の提供者はどちらであるのかということも想像できると思います。
 自然科学の進歩にともなって、指の動きや指先の技術が脳でわかるようになってきました。鍼灸の技術の発展も証明できるようになってきたことから、より良い鍼灸師の教育は、やはり正しい場所での勉強により正しい知識に基づくことの必要性が如実に明らかになりました。』と教えて頂きました。
 続いて、指先の構造、特に感覚受容器の機能の構造から、感覚について講義頂き、その神経回路が訓練によって発達することを示され、その習得方法についてご教授頂きました。


講 師 生体機構制御学会 名誉会長 黒野保三先生
平成22年10月3日

 平成22年8月29日(日)に行われた第28回(社)生体調整機構制御学会学術集会における会員の協力に対して感謝の言葉を述べられました。そして、学術団体として着実に進歩してきていることを実感し、また、この学会が評価される結果となっていると報告されました。そして、最近の業界や学会のニュースなどからお話を頂きました。
 「30年の長年にわたって苦言を呈してきた、愛知県の行政団体がやっとすっきりとした形となり、行政団体、学術団体、教育団体がおのおのの立場で発展できるようになりました。会員が迷うことがないことが必要であり、そのためにはきちっとおこなっている団体の必要性があらためて浮き彫りとなりました。
 なぜこのようなことを言うかと言いますと、現在は日本列島には住民がいるが日本人がいないというほど、日本人としての精神文化が崩れ、勝手気ままなことを行い大変なことになっています。鍼灸治療においても、現象があるから良い、歴史があるから良いといいますが、本当でしょうか?長いこと騙されてきただけではないでしょうか?つまり、自分だけの解釈で行い、本当のことを認識しないままでいるために世相に流されています。
 この代表例と考えられるのが統合医療ではないでしょうか。統合医療はもちろん良いことですが、現在では総論しかなく各論がありません。対照的にチーム医療という言葉があります。これには実体があり、医師、看護師、理学療法士、薬剤師などの医療関係者が集まって、一人の患者さんにあたります。ここに、統合医療との違いがあり、鍼灸治療は近代医学と対等な理論を持ってテーブルにつけない場合がほとんどです。ここで、ほとんどと言ったのには、愛媛県の県立病院では若い鍼灸師を教育したのち、一緒に治療したりしている例もありますが、何より実際に実践した経験が私にはあるからです。名古屋第一生命ビルの中での近代医学の各科があり、ドクターグループと云われていました。その中に東洋医学科が同等の立場で診療を行ない、月に1回の全体の会議でディスカッションを行なってきました。その時から、近代医学とディスカッションできる同じ理論を持たない限り鍼灸診療は発展がないと感じていたからです。これが、30年前から行ってきていることなのです。
 このようなことを行えるようにするには、やはり正しい場所で勉強することで、偏った知識ではなく集学的な知識が必要です。このまま勝手気ままを続ければ将来は自ずと知れるのではないでしょうか。」と教えて頂きました。
 そして、今後の学会の方向性には、医療の水際でのことと実証医学的な両側面を兼ね備えることが大事であり、この学会はその理念に一番あっていることを説明していただきました。また、この方向性を実現するための刺鍼技能や治療原則の総論をお話いただき、次回から各論に入ることを示して頂きました。


講 師 生体機構制御学会 名誉会長 黒野保三先生
平成22年7月4日

 6月11日〜13日に行われた第59回(社)全日本鍼灸学会学術大会(大阪大会)から得た情報から、以下の示唆に富んだお話を頂きました。
 「鍼治療を行いますと、摩訶不思議な反応や良い現象に出会うことは多々ありますが、何故このような結果がでるのかは、ほとんど解っていないのが現状です。
 今回、大阪大会では「統合医療と鍼灸」というテーマで開催されました。ここでいう統合医療は何かというと、近代医学と近代医学以外の医療とで患者さんを治療していくことです。この言葉だけをとらえると何も問題がないように感じます。また、同様な言葉として全人的医療とか未病治という言葉が最近語られています。どの部分が同様なのかといいますと、これらの言葉は概念でしかないのです。概念というのは考え方であり、そのものに実体はありません。
 今回の大阪大会で、鍼灸医学・鍼灸治療が発展していくためには、鍼灸師だけが使っている言葉ではだめで、すべての医療に携わる人が理解できる共通の言葉となり、レベルも共通にならなければ、本当の意味での統合医療ができないという講演がありました。つまり、まるであるが如きの検討ではだめだということです。鍼灸師の中には「伝統や経験があるから」ということもよく聞きますが、現在の鍼灸界は特に学校を卒業してからの教育が不十分であるため、経験医学としての鍼灸治療自体があってもその個人の経験にはならないことも事実であります。
 そこで、先程の話を併せて考えますと、鍼灸医学・鍼灸治療というものが実体のある形で証明され、近代医学と鍼灸診療が共通の土俵で評価されなければならないということになります。この生体調整機構制御学会では、この証明を着々とおこなっています。実際に今年の大阪大会では、明治国際医療大学の演題数に続き、生体調整機構制御学会が2番目の演題数でありました。また、基礎研究にのっとって臨床を行うことが重要であることも示唆され、あるが如きの話しではなく、鍼の本当の有効性について一歩一歩証拠を示していくことが重要であると改めてわかりました。その集大成の一つとして、今年の8月に行われる第28回生体調整機構制御学会学術集会ではシンポジウムを予定しています。その中で、実際の証拠がここにあり、証拠に基づいて行う治療に価値があることを報告していきます。」
 また、再生医学のニュースなどのビデオを用いて、本当に証明していくということの基礎研究や学問というものを示し、鍼灸界の将来に示唆を与えて頂きました。



講 師 生体機構制御学会 代表理事 黒野保三先生
平成22年4月4日
 黒野保三先生より、次のような内容のお話を頂きました。
この研修会は学術研修会です。本来であれば、鍼灸の制度や法律や鍼灸界の状況などという話は業者団体が行う仕事です。しかしながら、本当のことを情報として配信しないどころか、鍼灸界に対する認識や情熱が感じられないことから、正しい鍼灸に対する認識をもって頂きたい。
 何回もお話させて頂いておりますが、鍼灸の資格は医療を行う資格でしょうか?医療だと言うのなら、その認識と自覚を持たなければなりません。その自覚を持つには正しい情報、知識、技術そして仲間が必要となります。なぜ、そういうことを言うのかと申しますと、鍼灸が置かれている現在の立場に起因します。
 鍼灸に対しては良いニュースも流れました。擦る程度の刺激で神経細胞の再生が行われているということです。以前から報告していますように、鍼刺激の量は20グラムで行ったときの神経反応が持続的に働き、有効であるという証拠を提出してきました。こういう基礎実験がエビデンスになる訳です。
 世界に目を向けてみますと、現在、欧州ではドイツ、スウェーデン、デンマークで鍼灸の研究が活発になってきております。その中でもドイツでは340施設で11,630名の膝疾患患者を対象とした大規模研究を行い、鍼治療群と鍼治療をしない群との比較をしたところ、鍼治療は膝疾患に効果があることを証明しました。このように国を挙げて鍼治療の有効性を配信しています。
 一方、東アジアを見てみますと、中国、韓国、日本が中心となると思います。経穴の位置の標準化などを行っていますが、それを証明した訳ではなく、相談して決めただけで意味をなさないと思います。
中国では国家戦略として中医学を世界に売り込もうとしています。
三国中で一番良い方向で行っているのが韓国だと見受けられます。方向としては医者になった上で、その後に東洋医学を修めたものを統合医として医者の上位に位置付けしようとしております。そのくらい高度なものとみなしてきております。
 では、日本はどうでしょうか。WHOにおいても発言力が無いことから無視されているといっても過言ではないでしょう。
 現在日本では統合医療について国内でも大きな動きがあり、厚生労働省が統合医療プロジェクトチームを発足させ、研究を推進しようとしております。しかしながら、鍼灸の現状や今までの研究を知っている方は少なく、鍼灸に対しての期待感や実態をつかみきれていないまま検討されている感が見受けられます。このままでは、EBM(科学的根拠に基づいた医療)が確立されていない現状や、鍼灸学校が乱立していることによるレベルの低い鍼灸師を見て、「鍼灸はこんなものかと」と飽きられてしまう非常に危険な状態にあります。よって、この(社)生体調整機構制御学会などの実績を知って頂く必要があります。
 鍼灸界の現状を知り、世界に目を向け、情報を整理する。そして、真剣に鍼灸や鍼灸師のことを考え、一つになって良い方向に動いていかなければならないことを示唆されました。