公益社団法人 生体制御学会
生体制御学会のご紹介定例講習会・学術集会入会案内研究班


   名古屋市立大学睡眠医療センター認定
  睡眠育成士認定講座

睡眠育成士認定講座案内

・睡眠育成士認定講座報告


   リンク
   お問い合わせ
   情報公開
   


事務所
〒464-0848
名古屋市千種区春岡2-23-10
公益社団法人 
生体制御学会事務所
052-751-9144



 

 
  睡眠育成士認定講座報告
 
 

1回 2回

第2回睡眠育成士認定講座
日時:平成30年7月1日(日) 午後4時〜午後5時
会場:名古屋市立大学病棟・中央診療棟3F大ホール
    名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
内容 
1)睡眠の基礎と臨床

名古屋市立大学睡眠医療センター・臨床検査技師  
安東カヨコ バールドワジ先生 先生
今回は睡眠検査を学び、その検査から何を読み取るかをテキストの図を参考にスライドにして示していただきました。睡眠ステージでは、覚醒期、ノンレム睡眠やレム睡眠の3つのステージに大きく分かれることやノンレム睡眠とレム睡眠は交互に約90分のサイクルを形成して、このサイクルを何回も繰り返していることを教えていただきました。
さらに睡眠検査で重要な睡眠脳波について、この睡眠脳波の概念や調べる意義、取り付け部位、睡眠脳波の原理をスライドで用いて教えていただきました。
その睡眠脳波から患者が覚醒しているのか睡眠をしているのか見分けることが必要であること、周波数の振幅が大きければ小児か振幅が小さければ高齢者かなど年齢に応じて異なることなどについて、患者から得られた睡眠脳波の検査結果を詳細に教えていただきました。

第1回睡眠育成士認定講座
日時:平成30年6月3日(日) 午後4時〜午後5時
会場:名古屋市立大学病棟・中央診療棟3F大ホール
    名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
内容 
1)睡眠の基礎と臨床
名古屋市立大学睡眠医療センター センター長   中山明峰 先生
中山明峰先生より、「睡眠」についていろいろなことを知って頂き、人生にとっての睡眠の重要性について考えてもらい、興味を持っていただきたいとお話がありました。そして、この認定講座で勉強をしていただき、睡眠育成士の資格を取って睡眠障害で困っている人を助けてほしいとのお話がありました。人間には脳と体の充電のために睡眠が必要であり、睡眠に関する語句の説明や、睡眠サイクルであるノンレム睡眠やレム睡眠の構成の話で、頭と体が交互に休むことなどを分かりやすい表や図で教えていただきました。


講義中の中山明峰先生


会場風景



詳細は下記事務所にお問い合わせください。

公益社団法人 生体制御学会事務所    
〒464-0848 名古屋市千種区春岡2-23-10
TEL:052-751-9144 FAX:052-751-8689
E-mail:info@j-cmam.jp