一般社団法人 生体制御学会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

歴史メニュー>社団法人全日本鍼灸学会設立趣意書

社団法人全日本鍼灸学会設立趣意書

 鍼灸医学は三千年前中国に発祥し、我が国に伝来してすでに千五百年の歴史を有し、また、その人類に対する貢献も大でありました。
 日本鍼灸医学会は、昭和23年日本鍼灸学会として創設され、医学研究者を導入することを目的として、昭和50年日本鍼灸学会を発展的に改称し、日本鍼灸医学会と改名されたものであります。
 日本鍼灸治療学会は、昭和26年に鍼灸臨床を医術から医学へ発展させることを目的として創設されたものであります。
 両学会は過去30年間にわたり鍼灸医学発展のため、学術集会、会誌の発行、関係諸機関、国内における諸学会との交流、中国をはじめとする外国の諸学会との国際的交流等、多彩な活動をくりひろげてきました。
 近年、諸外国における鍼灸医学及びその関連領域の科学の進歩にはめざましいものがあり、我が国においても鍼灸医学の価値が再認識されてきています。しかも、諸外国や国との窓口を必要とする諸問題も増加しており、これらに対応しうる鍼灸医学の学会は未だ確たるものはなく、法的地位を有する学会の必要性が望まれております。また、今後鍼灸医学が社会の要求に適確に対応して行くためには、西洋医学者と鍼灸師が相互に力を合わせて鍼灸医学の研究を進めなければならないことは申すまでもありません。
 以上のような時代の要請をふまえ、従来の日本鍼灸医学会及び日本鍼灸治療学会を発展的に改組し、ここに社団法人全日本鍼灸学会を設立することにより、鍼灸医学を統合一本化し、我が国の鍼灸医学の中心として、国や諸外国との窓口として活動していくことが当学会の義務であり、責任であると感ずるものであります。
 よって、ここに社団法人全日本鍼灸学会の設立をはからんとするものであります。

昭和55年1月6日
設立代表者 高木健太郎