(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>婦人科疾患班H16.6

研究班紹介

 
婦人科疾患班

婦人科疾患班 班長 鈴木裕明
 
 「鍼灸院に来院する患者の多くは女性・・・
 女性は性ホルモン(周期)に支配されているため、訴える症状の如何を問わず婦人科的考察は必須である。」
 痛みの疾患から自律神経症状にいたる種々の不定愁訴の増悪が性ホルモンにコントロールされているとの考えがベースとなり始まった婦人科疾患班は、愛知地方会名誉会長の黒野保三先生の御指導のもと、平成12年4月に発足しました。
 
研究日時:第3土曜日 PM4:00〜5:30
場  所:明生鍼灸院 金山分院
     名古屋市熱田区金山町1−6−18
     (金山総合駅南口より南へ徒歩1分) TEL:052−679−3309
 
 
 
 
活動内容
@基礎講義
 前会長の石神龍代先生に女性生殖器の生理・解剖をはじめとした西洋医学的な基礎知識を講義して頂きます。
A会員発表
 症例報告を中心に実際臨床で携わった症例に対し、皆でディスカッション(西洋医学的と東洋医学的両面から)し、明日の臨床に役立つものにしています。今までに取り扱った症例は、月経困難症、不妊症、不育症、つわり、骨盤位(逆子)、乳腺炎などです。また、そこから統計学的に発信できるようにデータを取ってゆく研究活動も試みています。
B産科・婦人科
 トピックス:時にはなかなか情報の得にくい病院での最新不妊治療情報を紹介しています。それだけではなく、その情報を鍼灸師の立場から患者への関わり方を分かり易く説明します。
 
 

 
平成16年度の愛知地方会定例講習会では婦人科疾患を取り上げていただくことになりました。
 
定例講習会の紹介
 
 臨床鍼灸医学研究につきましては(社)全日本鍼灸学会愛知地方会名誉会長の黒野保三先生に臨床鍼灸医学研究の基礎編・臨床編についてお話していただく予定です。
 婦人科学(解剖)につきましては名古屋市立大学名誉教授 渡 仲三先生に担当していただく予定です。
 婦人科学(各論)につきましては元東市民病院産婦人科部長、名古屋経済大学短期大学部生活文化学科教授坂井田宏先生に担当していただく予定です。
 痛みの生理学につきましては名古屋大学環境医学研究所神経性調節分野教授 水村和枝先生に担当していただく予定です。
 婦人科に対する鍼灸治療の基礎・臨床、診断と治療につきましては、最近脚光を浴びております不妊症を中心に、婦人科疾患班班長 鈴木裕明が担当させていただきます。
 古典鍼灸学につきましては愛知地方会前会長の石神龍代先生に担当していただく予定です。
 婦人科に対する症例報告及び症例検討につきましては、鍼灸医学協会連絡委員会のメンバーである諸先生に担当していただく予定です。是非、ご期待下さい。
 なお、この定例講習会は会員は無料、非会員でも1回1,000円を支払うと聴講ができます。