(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>不定愁訴班H16.7

研究班紹介

 
不定愁訴班

不定愁訴班 班長 石神龍代
 
 昭和61年(社)全日本鍼灸学会研究委員会に不定愁訴班(黒野保三班長)が新設されると同時に愛知地方会研究部にも不定愁訴班(黒野保三班長)が新設されました。そして平成2年より私が班長を務めさせて頂いております。
 黒野保三先生は『鍼灸臨床の科学』の中の「不定愁訴症候群に対する鍼灸治療」の序論で「近年、社会構成が複雑多岐になり、人の生活にストレスが加わることが増大し、現代はストレス社会ともいわれるようになってきた。そして、不健康、半健康といわれる人が増加し、いわゆる不定愁訴を訴える人が多くなってきた。それに伴い、これらの人々が鍼灸院を訪れるケースが増加しつつある。
 しかし、いわゆる不定愁訴を訴える患者に対する鍼灸治療の有効性を定量的に見出すことは非常に困難であった。
 そこで筆者は、次のように考えた。
 (1)鍼灸院を訪れる患者の不定愁訴を訴える割合が増加
   している。
 (2)鍼灸師が独自に研究できる。
 (3)鍼灸師は誰でも研究活動に参加できる。
 (4)不定愁訴の治療に関しては近代医学の盲点であり、
   鍼灸治療が最も得意とする分野である。
 (5)病理学的徴候の有無にかかわらず不定愁訴を有する
   患者が多数存在する。
 (6)鍼灸医療の現場で、スクリーニングとして鍼灸治療
   の推移を定量的に見出すことができる。
 以上をふまえて、不定愁訴症候群に対する鍼灸治療の有効性を実証的に見出す目的で、1986(昭和61)年10月26日全日本鍼灸学会研究委員会に不定愁訴班を新設し、会員諸氏とともに研究活動を進めていくこととした。」と述べておられます。
 そして不定愁訴に対する鍼灸治療の実証医学的研究のための不定愁訴カルテ(健康チェック表、重症度判定基準、効果判定基準)を作成されました。
 この不定愁訴カルテを使用して今日まで数多くの臨床鍼灸医学的研究が行われてきました。
 ここでは健康チェック表(pdfファイル)層別分類、重症度判定基準、効果判定基準について紹介します。
 尚、最も新しい研究としては去る6月11日に第53回(社)全日本学会学術大会(千葉大会)において「不定愁訴に対する鍼治療の検討−多施設での不定愁訴カルテの分析−」を発表しましたのでご覧頂きたいと思います。
 一人でも多くの人が不定愁訴班に入班され、研究活動に参加されますことを切望致します。
 
※不定愁訴班研究日
 日時:毎月第二土曜日 午後3時半〜午後5時
 内容:症例報告あるいは不定愁訴に関する抄読会
 場所:東洋医学研究財団付属鍼灸院
    〒460-0004
    名古屋市中区新栄町2-13栄第一生命ビル2F
     TEL (052)971-1433  Fax (052)971-1488