(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>生体防御免疫疾患班H17.1

研究班紹介

 
生体防御免疫疾患班

生体防御免疫疾患班 班長  井島晴彦
 
 生体防御免疫疾患班は平成15年4月、(社)全日本鍼灸学会愛知地方会名誉会長黒野保三先生のご指導により新設されました。
 黒野保三先生は著書『臨床鍼灸医学』の中で「今後、臨床鍼灸の現場において、健康やいわゆる半健康人、不健康人などの健康管理に対する鍼灸治療による早期治療や長期治療により、生体防御機構、再生・修復機構の活性化や生体恒常性維持機構の調節に関連した実証医学的研究を行わなければならない。」と述べておられます。
 また、生体防御免疫疾患班発足当初から黒野保三先生より「目的意識を持った班員一人一人が働く研究班として、一歩一歩着実に歩を進めていただきたい。」というお言葉をいただいております。
 以上の黒野保三先生のお考えを踏まえ、研究班活動に邁進したいと思います。
 研究活動としましては、生体防御免疫疾患班の発足と同時に、ワーキンググループとして「アレルギー疾患班」が黒野保三先生のご指導のもと立ち上がりました。そして、毎月1回東洋医学研究所において研究を行っております。その結果を平成16年の第53回(社)全日本鍼灸学会学術大会において「小児期のアレルギー疾患及び愁訴に対する鍼治療の有効性-多施設による調査結果から-」「アレルギー疾患に対する鍼治療の基礎調査-アンケートによる成人患者の実態調査-」を発表いたしました。
 生体防御免疫疾患について興味を持たれ、研究してみたい先生、一緒に研究してみませんか。
 


※ 生体防御免疫疾患班研究日
日時:毎月第2木曜日 午後8時~午後9時30分
場所:東洋医学研究所®
   〒464-0848 愛知県名古屋市千種区春岡2-23-10