(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>生体防御免疫疾患班H18.5

研究班紹介

 
生体防御免疫疾患班 3

生体防御免疫疾患班 班長  井島晴彦
 
 生体防御免疫疾患班は平成15年4月に、(社)全日本鍼灸学会愛知地方会名誉会長黒野保三先生のご指導により新設され、現在班員23名で活動しています。
 生体防御免疫疾患にはアレルギー疾患や、インフルエンザ、関節リウマチ、癌、エイズなど多種多様の疾患が含まれます。中でも花粉症や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などに代表されるアレルギー疾患は、年々増加傾向にあります。現在では総人口の約3割がなんらかのアレルギー疾患に罹患しているという統計もあり、新たな国民病と言っても過言ではないと思われます。
 しかし、このような生体防御免疫疾患に対する有効な治療手段は少なく、副作用のない鍼灸治療に寄せられる期待は大きいものと考えます。
 25年以上前から「鍼治療の人体免疫系に及ぼす影響について」の研究発表をされている黒野先生のご指導のもと、このような期待に応えられるように、生体防御免疫疾患と鍼治療の関連研究を1つでも多く発表していきたいと考えております。
 具体的な研究活動として現在は、花粉症に対する鍼治療効果についてのアンケート調査による研究を行っております。
 その内容については、本年度開催される第55回(社)全日本鍼灸学会学術大会(石川大会)において下記の2題を発表する予定です。

ポスター発表
 アレルギー性鼻炎に対する鍼治療の検討
   -2005年スギ花粉飛散期の動態調査-            中村 覚

 アレルギー性鼻炎に対する鍼治療の検討
  -2005年スギ花粉飛散期における鍼治療効果の検討-   橋本高史

 さらに、毎月の研究会では、生体防御免疫疾患に関する最新情報の提供や、班員が名古屋市立大学オープンカレッジで勉強させて頂いた生体防御免疫疾患に関する興味深い内容の報告などを行っています。
 また、非常に難しいといわれる免疫学の基礎知識を、漫画のようなスライドを使い、本当に基礎の基礎から勉強させて頂いております。

      
 
スライドの例


 生体防御免疫疾患について興味を持たれ、研究してみたい方、是非一緒に研究活動に参加して下さることをお待ちしております。
 

 
研 究 会 風 景

※平成15年度・16年度・17年度活動報告(こちら

 

※ 生体防御免疫疾患班研究日
日時:毎月第2木曜日 午後8時~午後9時30分
場所:東洋医学研究所®
   〒464-0848 愛知県名古屋市千種区春岡2-23-10