(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>糖尿病班H16.11

研究班紹介

 
糖尿病班

糖尿病班班長 中村弘典
 
 (社)全日本鍼灸学会愛知地方会研究部では、愛知地方会名誉会長である黒野保三先生の発案により、昭和61年4月に糖尿病班が新設されました。以来、18年にわたり研究活動を続けております。
 糖尿病班のこれまでの糖尿病に対する鍼治療の糖尿病動物における基礎的研究や糖尿病患者における臨床的研究結果から、糖尿病に対する鍼治療の有効性を見出すことができました。また、副作用などは全くみられませんでした。
 厚生労働省は食習慣・運動習慣・喫煙・飲酒などの生活習慣が発症に大きく関与する疾患を生活習慣病と呼ぶことを提唱しています。平成14年度糖尿病実態調査によると、我が国の糖尿病が強く疑われる人は約740万人で、糖尿病の可能性を否定できない人を合わせると、約1,620万人であることが報告されており、糖尿病は国民病の一つと考えられ、生活習慣病の代表的な疾患です。これらのことから、厚生労働省は今後更に糖尿病対策に対し、力を入れることが予想されます。
 今日の糖尿病治療は食事療法や運動療法が根本であり、現在のところ経口血糖降下剤やインスリン療法などの薬物療法以外に治療法はありません。
 また、糖尿病治療の目的は、糖尿病の発症予防(一次予防)と糖尿病合併症の進行予防(二次予防)及び合併症を管理することで重篤な臓器障害や死に至ることを予防(三次予防)することであります。
 このことから、今後は副作用がなく、一次予防から三次予防全ての目的に適用することができる鍼治療の糖尿病治療に果たす役割は大きいものと思われます。 
 
 そこで、糖尿病班では糖尿病に対する鍼治療の有効性を客観的に検討する目的で糖尿病カルテを作製し、これまでに多くの症例報告を行ってきました。
 臨床において糖尿病患者に糖尿病カルテを使用し、理化学的所見や自覚症状の経過を観察することをお勧めします。
 詳しい記載方法や注意点については、糖尿病班研究日に参加され勉強されることを希望します。
 今後、更に急増すると予想される糖尿病患者の鍼灸に対する期待が高まるものと考えられることから、糖尿病患者に対する正しい治療や指導を行うため、糖尿病を充分に勉強することが大切であると思います。
 
 糖尿病に興味のある方、是非、研究活動にご参加下さることをお待ちしております。




 最近の研究報告としては、第53回(社)全日本鍼灸学会学術大会(千葉大会)において「糖尿病に対する鍼治療の症例報告」を発表しました。
詳細はこちら 中村弘典 山田 篤


糖尿病班研究日

日時:毎月第2日曜日 午前9時半~正午
場所:東洋医学研究所
    〒464-0848 名古屋市千種区春岡2-23-10
    TEL 052-751-8159 FAX 052-751-8689  
内容:糖尿病に対する症例報告及び抄読会、糖尿病の最新
    情報