(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>生活習慣病(糖尿病)班H19.2

研究班紹介

 
生活習慣病(糖尿病)班 4

生活習慣病班班長 中村弘典
 
 厚生労働省は糖尿病などの生活習慣病の予防対策に力を入れており、(社)全日本鍼灸学会愛知地方会研究部生活習慣病班においても、愛知地方会名誉会長である黒野保三先生のご指導により、昨年から生活習慣病班として研究活動の幅を広げて活動を行っています。
  近年、医療界においてインフォームド・コンセント、セカンドオピニオンなどの言葉に代表されるように、患者自身が治療に参加するという意識が定着してきています。また、糖尿病の療養指導においては患者が積極的に自己管理を行うことに重点が置かれるようになっており、アドヒアランスといわれています。
 このような状況にあって、国民に鍼灸医療を提供する立場にある鍼灸師も正しい情報を社会に提供することが大切であると思います。
 そのためには、鍼灸師が生活習慣病患者に対し、正しい治療や生活指導を行うことが重要であり、生活習慣病について充分に勉強することが大切であると思います。
 臨床においては生活習慣病の代表的な疾患である糖尿病患者に糖尿病カルテを使用し、理化学的所見や自覚症状の経過を観察することをお勧めします。
 今後は医療の中で専門性を持つことが重要であり、社会的な期待や要請もこれまでにないほどに高まっています。
 どうか生活習慣病(糖尿病)に興味のある方、生活習慣病を研究テーマに持って研究活動に参加されることをお待ちしております。


※糖尿病班紹介
    part1(こちら) part2(こちら) part3(こちら)


※平成15年度・16年度・17年度活動報告(こちら


※糖尿病カルテ(PDFダウンロード



本年度開催される第56回(社)全日本鍼灸学会学術大会(岡山大会)において発表する予定です。


ポスター発表


糖尿病に対する鍼治療の一症例
-糖尿病性神経障害を発症した症例-
中村弘典
 
東洋医学研究所®グループにおける糖尿病症例集積による検討
-血糖値と糖尿病自覚症状との相関-
山田 篤


※ トピックス
・メタボリックシンドロームはねつ造か?
・運動指導の指標「メッツ」って?
 『日経メディカル オンライン』
 http://medical.nikkeibp.co.jp




※(社)全日本鍼灸学会愛知地方会研究部生活習慣病班
研  究  風  景



生活習慣病班研究日
日時:毎月第2日曜日 午前9時半~正午
場所:東洋医学研究所®
    〒464-0848 名古屋市千種区春岡2-23-10
    TEL 052-751-8159 FAX 052-751-8689
内容:生活習慣病(糖尿病)に対する症例報告及び
   最新情報を中心とした抄読会