(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>頭鍼療法班H17.2

研究班紹介

 
頭鍼療法班

頭鍼療法班 班長 田中法一
 
頭鍼療法とは
 頭鍼療法における頭皮上の治療を目的とする刺鍼点は、大脳皮質領野を頭皮上に想定して定めるものと、経絡・経穴を主体に組み合わせ定めるものとがあり、頭鍼療法はその点から頭皮を切皮して頭蓋骨上の帽状腱膜上(方法によって腱膜下)を必要な位置まで進鍼する方法で、疾患の急性又は慢性によって補的・瀉的手技で刺激を与えるものです。このように頭鍼療法は刺鍼手技が異なりますが、特に、脳血管障害の後遺症に応用されていました。
 
頭鍼療法の種類
 頭鍼療法は中国で1960年代には各研究者や地域の治療者が考察して治療に実践していました。1970年代に入り、頭鍼療法の実践結果は大集され公的に発表され、流行的に各研究者が次々と発表されました。その方法は以下の通りです。
1.頭鍼療法
2.紅医針法
3.和田式頭鍼療法
4.吉田式頭鍼療法
5.田中式脳波測定点頭鍼療法
6.山元式前頭髪際刺鍼法
7.新頭鍼療法
8.朱氏頭鍼療法
 
 頭部刺激による有用性については、各種の頭鍼療法で、脳血管障害に多くの治効例が紹介され伝承されてきました。今日に至っても頭皮下を介しての刺激が、損傷部の中枢に如何なる作用機序が起きるのか正確な解明には至っていないのが現状です。
 そこで、頭鍼療法班ではこれらの歴史や経緯、臨床データを研究し、実際に臨床に応用する目的で、愛知地方会の研究部が発足した昭和58年度より活動を続けています。
 第53回(社)全日本鍼灸学会学術大会で「頭鍼と体鍼による生体反応の検討(その1)-血圧の変化-」と題して報告しました。

※頭鍼療法に興味がある先生は是非一度、頭鍼療法班の研究
  日にご参加下さい。

頭鍼療法班研究日
日時:毎月第三日曜日 午前9時30分~12時
場所:セントラルたなか鍼灸院内
   〒466-0822 名古屋市昭和区楽園町12-1
      TEL 052-833-3103 FAX 052-833-3365
内容:頭鍼療法の基礎学習・脳の基礎学習・臨床研究等を基
   本に実行しています