(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>情報・評価班H17.3

研究班紹介

 
情報・評価班

情報・評価班 班長 皆川宗徳
 
 (社)全日本鍼灸学会愛知地方会研究部情報・評価班は、平成4年に愛知地方会名誉会長 黒野保三先生のご指導により新設されました。
 黒野保三先生が、『愛知地方会会報 第18号 特集 「EBM(Evidence-Based Medicine)とは」』の中で、「臨床鍼灸医学においては、臨床試験の方法を組み立て、統一した臨床比較試験のデザインを検討し、ガイドラインを作成して、共通の臨床鍼灸医学の科学的結果が得られるようにしなければならない。」と言われているように、情報・評価班では、研究デザインを計画し、臨床鍼灸研究を進め、臨床評価の部分で、医学統計学の検定結果により、鍼灸治療効果の有効性を明らかにしていくことが目的であります。
 黒野保三先生のご指導のもと、質の高いエビデンスであるランダム化比較試験(RCT)をいち早く導入し多施設での研究にとりかかってきました。その結果、RCTが鍼灸の臨床に応用できることが証明されました(以下の研究論文を参照)。

 
原 著
皆川宗徳他:排尿障害に対する封筒法による臨床比較試験-中極穴の有効
      性について-、全日本鍼灸学会雑誌49(3);383-391.(1999)
原 著
河瀬美之他:高血圧に対する足三里刺鍼の有用性について-封筒法による
      臨床比較試験-、全日本鍼灸学会雑誌50(2);185-189.(2000)
 
 昨年行われた認定指定東海支部研修講座「月経困難症と鍼灸治療」と題しての矢野忠先生の講演の中で、日本における月経困難症に対する臨床鍼灸研究は、一例報告がほとんどであり、質の高い研究デザインで研究が行われていないとのお話を頂きました。このことから以前より黒野保三先生よりご指導頂いている、同一疾患の一例報告を6例以上集積し臨床評価を行う研究(症例集積研究)が必要であることを再認識致しました。
 少しでも一歩進んだ研究デザインで研究できる体制を情報・評価班で作り上げてゆきたいと思います。
 今後、臨床鍼灸医学研究の研究活動がより向上するためにも、一人でも多く情報・評価班に参加されることを願っています。

 
情報・評価班研究日
日時:毎月第4日曜日 午前9時~11時
場所:東洋医学研究所
   〒464-0848 名古屋市千種区春岡2-23-10
      TEL 052-751-9144 FAX 052-751-8689
内容:鍼灸のエビデンスの構築に向けての臨床研究デザイン
   の検討