(社)全日本鍼灸学会愛知地方会
歴史 活動報告 最新情報 入会案内 認定
  動画 ダウンロード サイトマップ ホーム

最新メニュー研究班紹介>循環器疾患班H16.12

研究班紹介

 
循環器疾患班

循環器疾患班 班長 服部輝男
 
 循環器疾患班では臨床鍼灸の立場から、循環器疾患に対する鍼灸治療の有効性を実証医学的に検討する目的で、種々のデータ集積を行い臨床研究を行うための基礎的な勉強会を実施しています。
 データの収集に当たって必要な知識と技術・技能を培うための訓練も平行して行っております。
 
血圧の測定
 
水銀式血圧計を用いての血圧測定の訓練
 この訓練は第1音から第5音までのコロトコフ音を聞き分ける訓練でこの音の変化により診察に役立つこともあります。
 
コロトコフ音記録を使用し安静時血圧の測定
 コロトコフ音を記録したコロトコフ音図はおよそ7種類に分類され診断的参考として役立ちます。
 
コロトコフ音記録を使用したSchellongの起立試験
 起立試験に伴う血行動態の変化や起立性低血圧の発見に役立ちます。
 
コロトコフ音記録を使用して両側同時血圧測定
 両側同時血圧測定をすることにより、上腕における血圧値の左右さが大きい場合脳血管障害を発症するリスクが大きくなるという報告があります。
 
仮面高血圧の発見
 覚醒時血圧測定の重要性について患者を教育するための勉強会などを行っております。
 

黒野保三先生指導のもとで季節と脉状診の関連研究に参加
 コロトコフ音と心電図について研究しております。
 

 コレステロールを下げる薬剤を服用した高脂血症患者約5万人を6年間追跡調査したJ-LITという大規模研究の結果からLDLが低くHDLが高い人は狭心症や心筋梗塞などを発症する率が低いことが知られるようになりました。
 しかし、この薬剤の副作用やアレルギーのような反応を発する人は使用することができません。
 このような患者さんに対し鍼治療で効果が出せないかを検討するためのデータ集積を行っております。
  

 循環器疾患に興味をお持ちの方、是非、研究活動にご参加くださることを待ちしております。
 
 最近の研究としては、第53回(社)全日本鍼灸学会学術大会(千葉大会)におきまして「季節と脉状診の関連研究―コロトコフ音図と心電図について―」、第23回(社)全日本鍼灸学会東海支部学術集会(静岡大会)において「起立性低血圧に対する鍼治療の一症例」を報告しました。


循環器疾患班研究日
日時:毎月第2日曜日  午前9時~12時
場所:法樂鍼灸院
     〒468-0051 名古屋市天白区植田3丁目1510
             TEL 052-848-2078 FAX 052-848-2069
内容:循環器疾患に対する抄読会及び実技訓練
     症例集積と最新情報の報告